• facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube

Voice from iBS

【卒業スピーチが出来上がるまで】

2020.02.10

 ”初めての原稿は初恋のようなもの、
それを忘れさせることは至難のわざである”

ーイタリア人作家 ウンベルトエーコの言葉より


学院全日制の第45期生たちの卒業スピーチまで、遂に2週間を切りました。
この原稿は学生たちの血と汗の結晶であり、子供であり、初恋のようなものであると言っていいものです。


今日はそのスピーチがどんな風に出来上がっているのか、皆さんにその秘密を公開したいと思います。

1. なぜ書くのか、書くモチベイション(動機)について真剣に考える

2. (テーマに関する)人に会う、本を読む、資料を読み込む&書き始める

3. 自分の中のA級、B級の感性を総動員して、また、主観と客観を上手に使いながら、論点を整理&文章の編集
*論点を考える時はミステリー作家の気分で♪

4. 英訳する

5. スピーチ原稿からスピーチパフォーマンスへ転換

6. 圧倒的な努力で自分のスピーチ道を極める


これだけの過程を経て、学生はスピーチを仕上げます。
そして出来上がった原稿を我が子のように愛おしみ、一生忘れない体験をステージ上で味わうのです。

ぜひ!ぜひ!みなさん、ステージを見に来てくださいね♪

というわけで本日の人生応援英語名言は:
"The first draft is like a first love. It's difficult to make people forget about that."
「初めての原稿は初恋のようなもの。それを忘れさせることは至難のわざである」


【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”と思ったら
下記をフォローして、iBSファミリーに加わってくださいね!

https://twitter.com/ibsgaigo
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/
www.ibs-gaigo.com

【決戦は2月23日!】

2020.02.04

優れたエンターテインメントはいつも人の心を啓蒙してくれる
-サーカスの基礎を作ったと言われているPTバーナムの言葉より-

いよいよ学院第45期生の卒業スピーチライブが迫ってきました!
決戦は2月23日(日)です。

学院の学問の柱である”対話ロジー”を学んだ学生たちの
この1年の革命の成果が、思う存分発揮される日となります

自分に革命を起こしたかった生徒、
英語を絶対ものにすると決めて入学した生徒、
学院長の哲学を学びたかった生徒、
日本の歴史や文化を学びたかった生徒、
自分の価値観が揺らぐほどの何かを手に入れたかった生徒、etc.

一人一人.....それぞれの気持ちや思いが交錯して、
この情熱のステージは作られています。

みなさん、ぜひ、ご来場くださいませ🙂
そして、日本の若者の持つエネルギーに直に触れてくださいませ。

というわけで今日の人生応援英語メッセージ:
"The noblest art is that of making others happy."
もっとも崇高な芸術とは人を幸せにすることだ。


【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”と思ったら
下記をフォローして、iBSファミリーに加わってくださいね!

https://twitter.com/ibsgaigo
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/…
www.ibs-gaigo.com

What's so scary about an A.I. era? 〜A.I. (人工知能)時代の恐怖とは?

2020.01.27

 ある日の学院長のクラス.....

●"What's so scary about an A.I. era?
「A.I. 時代の何が怖いの?」
●"Or do you love A.I?"
「AIにすごく興味ある?」
●"In the past, God created 2 A.I., Adam and Eve. What's the definition of A.I. here?"
「昔々、神は2つのAI、アダムとエバを創造したと言ってもいいのでは?この文脈でのA.I.の定義は何?」
●"Can you apply the theory of evolution to A.I.?"
「(ダーウィンの)進化論を今のAIの発展の理論と比べてみるとどうなる?」

これは、Taiwalogy(対話ロジー)という授業のほんの一コマ.....

”What's so scary about an A.I. era?"に始まった学院長の怒涛の質問ラッシュに、
学生が必死に食らいついて答えていきました🤨


その様子はさながら、禅問答のようであり、ソクラテス的対話のようでもあり、
ハーバード白熱教室の様相まで呈していました🌟


難攻不落に見える問題にも、最初の1歩があり、自分が何を知らないのかを知ることによって、
問題解決につながっていくという「学びの進化の過程」をみたような気がします


今こそ!Taiwalogyの時代です。知らないことを知ることは奇跡を起こす!


というわけで!今日の人生応援名言は:
「Knowledge of the unknown is miraculous.」
”知らないことを知ることは奇跡を起こす!”

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙂

そして、
【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”って思ったら下記を
フォローして、iBSファミリーに加わってくださいね

www.ibs-gaigo.com
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/
https://twitter.com/ibsgaigo



書評合戦やりました!ビブリオバトル in iBS🥰

2020.01.18

どんなことでもいい、
どんなに短くてもいい、

とにかく、話すこと、書くこと自体があなたのクリエイション(創造)の第一歩

By 阿刀田 高(短編小説の名匠と呼ばれた作家)


1月17日(金)は学院全日制のビブリオバトル(書評合戦)の日でした。
ビブリオバトルって何?って思いますよね。
バトル出場者がお薦めの一冊を持ち寄り、聞き手がどの本を一番読みたくなったかを決める知的書評合戦のことです。

学院では生徒に本を読むことを進めています🌟
もちろん、それは日本語でも英語でも構いません。

本にさりげなく溶け込んだ知識が、学生の知的探求へと
つながるのが学院の目論見です(^0^)

学生の頃、「創造力をつけよう」「感性を磨こう」と学校でよく言われませんでしたか?
本の中には、アイディアの見つけ方、見つけたアイディアを飛躍させる方法、
知識からクリエイティビティにつなげるコツまで何から何まで!書いてある
といっても過言ではありません。
ホント、魔法のツールとしか言いようがありませんよね♬

いつの頃からか私たちは、自分の考えはささやかなものだと
思い込むようになった気がします。でも、本当にそうでしょうか。

一人一人の個性的な読み方は、発信されることで、
色々な感性と混じり合い、よりユニークな感性へとつながっていくのではないでしょうか。

本は大切な私たちの友人!
私たちの思考を深めてくれる大切な友人ともっと
対話し・ま・しょ💕

というわけで!今日の人生応援名言は:
「You can tell a lot about a person by looking at what's on their bookshelves.」
”その人について知りたければその人の本棚を見ることです”

最後までお読みいただき、ありがとうございました🙂

そして、【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”って思ったら下記を
フォローして、iBSファミリーに加わってくださいね

www.ibs-gaigo.com
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/
https://twitter.com/ibsgaigo





来たるべく21世紀に対して、私たちは何を準備すべきか?

2020.01.14

「We are entering the era of hacking human beings.」

”私たちは人間をハッキングする新時代に突入しています”

いきなり?!の言葉で皆さん、驚いたかもしれません(> <)

実は...これは「ホモ・サピエンス全史」や「ホモデウス」
で一躍世界のベストセラー作家となった歴史学者のユバル・ノア・ハラリ氏の言葉なんです。
2020年を豊かに過ごすためにも、21世紀のリアリティというものをハラリ氏の言葉から探ってみましょう。

ハラリ氏の予測では...

1.)データを操るものが社会を支配する
(今やデータが人間をハッキングする時代)
2.)AIの導入による社会の大変革
(失業者が数十億人もでる?!)
3.)情報工学X生命工学による凄まじい発展に伴う大変革
(デジタル独裁制の時代がすぐそこまできている!?)

という時代がくるそうです。

Wow! Oh, My God (> <) ですよね

でも、教科書にも問題集にも正解が載っていない
この時代へのハラリ氏の答えは意外と、とてもシ・ン・プ・ル♪でした🥰


”生涯を通して学び続け、自己変革を何度でも繰り返すこと”
”精神の健康(Mental Balance)と感情知能(Emotional Intelligence)を高めること”


*自分の人生の「赤本」は、自分で作っていく覚悟を持とう!というところでしょうか😋


というわけで!今回の人生応援英語名言は:
「Keep learning throughout your life. Reinvent yourself again and again」
”一生涯学び続けて、自己変革を繰り返すこと。それが大事です”

🌟最後までお読みいただき、ありがとうございました🌟

そして

【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”と思ったら
HP、twitter、FB、Instaをフォローして、iBSファミリーに加わってくださいね♪

www.ibs-gaigo.com
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/
https://twitter.com/ibsgaigo
https://line.me/R/ti/p/%40xat.0000143450.xyu






来たるべく21世紀に対して、私たちは何を準備すべきか?

2020.01.14

「We are entering the era of hacking human beings.」

”私たちは人間をハッキングする新時代に突入しています”

いきなり?!の言葉で皆さん、驚いたかもしれません(> <)

実は...これは「ホモ・サピエンス全史」や「ホモデウス」
で一躍世界のベストセラー作家となった歴史学者のユバル・ノア・ハラリ氏の言葉なんです。
2020年を豊かに過ごすためにも、21世紀のリアリティというものをハラリ氏の言葉から探ってみましょう。

ハラリ氏の予測では...

1.)データを操るものが社会を支配する
(今やデータが人間をハッキングする時代)
2.)AIの導入による社会の大変革
(失業者が数十億人もでる?!)
3.)情報工学X生命工学による凄まじい発展に伴う大変革
(デジタル独裁制の時代がすぐそこまできている!?)

という時代がくるそうです。

Wow! Oh, My God (> <) ですよね

でも、教科書にも問題集にも正解が載っていない
この時代へのハラリ氏の答えは意外と、とてもシ・ン・プ・ル♪でした🥰


”生涯を通して学び続け、自己変革を何度でも繰り返すこと”
”精神の健康(Mental Balance)と感情知能(Emotional Intelligence)を高めること”


*自分の人生の「赤本」は、自分で作っていく覚悟を持とう!というところでしょうか😋


というわけで!今回の人生応援英語名言は:
「Keep learning throughout your life. Reinvent yourself again and again」
”一生涯学び続けて、自己変革を繰り返すこと。それが大事です”

🌟最後までお読みいただき、ありがとうございました🌟

そして

【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”と思ったら
HP、twitter、FB、Instaをフォローして、iBSファミリーに加わってくださいね♪

www.ibs-gaigo.com
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/
https://twitter.com/ibsgaigo
https://line.me/R/ti/p/%40xat.0000143450.xyu






✨新年あけましておめでとうございます✨

2020.01.06

今年もみなさんにとって幸多き素晴らしい年となりますように...🌟🌟🌟

今年はいよいよ日本最大のお祭り☆☆東京オリンピック☆☆がやってきます!
東京だけが盛りあがるなんてダメダメ(╹◡╹)
鹿児島も、iBSも、
日本全国北から南まで全国津々浦々 One Team で盛り上がりましょう!

そして.....iBSもおかげさまで今年、40周年。
院長が力技で世の中をかき回し(笑)?!、必死に守ったこの小さな寺子屋も皆さんに支えられ、40年という年月、なんとかやって来れました。
「嵐には巻き込まれたくない」と普通は思うものですが(> <)...「巻き込まれてみたい!」(←皆さん、かなりSなのか?)と
嵐の中に進んで入ってきてくださった全てのみなさまに感謝しながら、今年も頑張っていきます。どうぞよろしくお願いします。

オリンピックに負けない!日本中を元気にするでっかい祭典
"iBS40周年記念パーティー”は、9月21日に鹿児島の城山ホテルで開かれます。
皆さんの懐かしいお顔に会えるのをとっても楽しみにしています♪♪

さらに!
今年から英語で皆さんの人生を応援する名言もこちらで発信していきます。
どうぞお楽しみに。

今日の人生応援名言:「Be prepared to be amazed
”日常の中には驚きや感動がいっぱい溢れています。日々の中で感動に気づける心の余裕を持っていれば、
きっとたくさんの小さな奇跡に気づけることでしょう”

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm( _ )m。

そして、

【拡散希望しています】
もし、皆さんが”学びや感動があったな”と思ったら HP、twitter、FB、
Instaをフォローして、iBSファミリーに加わってくださいね♪

www.ibs-gaigo.com 
https://www.instagram.com/ibs_foreign_language_institute/…  
https://twitter.com/ibsgaigo
https://line.me/R/ti/p/%40xat.0000143450.xyu

May your Christmas shine brightly with joy and goodwill✨

2019.12.24

 12月24日ですね、メリークリスマス🙂

令和元年も残り一週間。
iBS外語学院は、今年もたくさんの皆さまに応援して
いただきました。
いつもあたたかい励ましを本当にありがとうございます。
職員一同心から感謝を申し上げます

いよいよ来年2020年は、
南学院長が学院を創立して節目の40年。
9月21日には「40周年記念式典」の開催も決定しています🥰

来年も様々なイベントが盛りだくさんのiBSですが、
まずは南学院長の講演からスタートしてまいりますよ〜🌟

【JICA市民公開講座】
異文化との対話〜魅力的な鹿児島・日本〜

講師:南 徹(iBS外語学院・学院長)
日時:2020年1月11日(土)15時30分-17時
場所:天文館ビジョンホール4階(鹿児島市東千石町13-3)
参加費:無料

*お問い合わせ先*
鹿児島県JICA派遣専門家連絡会事務局
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 国際離島医療学内
電話:099-275-6853

*後援*
JICA九州・鹿児島大学・鹿児島県・鹿児島市

45期生🌟クリスマスパーティ

2019.12.16

 オーストラリア・パース市での短期留学を終え、今日は小麦色に焼けた

45期生の登校日&クリスマスパーティー🙂

短期留学中に経験した

楽しかったこと
幸せだったこと
くやしかったこと
悲しかったこと
おもしろかったこと

比較文化の世界を通して
全ての経験が学びになったようです
改めまして、おかえりなさい。45th brilliant students♬

さあ、次なる大舞台は
そうです
卒業スピーチライブです
原稿に、パワーポイントに、音楽に、
突き進んでまいりましょう〜🥰

iBS外語学院を応援してくださるみなさま
45期生・スピーチライブは
2020年2月23日(日)かごしま県民交流センター
にて開催です♬









12月15日・夕方6時・FM鹿児島でオンエア✨

2019.12.16

12月15日・夕方6時・FM鹿児島でオンエアされました

「ちゃんサネ♪の渡る世間なヨンゴヒンゴ」
海外で活躍中のアクター✿オビー・ショーこと尾畑祥さん@iBS37期卒業生✿がゲスト出演しています🥰Radiko

「Radiko」http://radiko.jp/ でも、番組はきけるそうですヨ♬